mail4 google-plus3 facebook3 twitter3 vimeo3 github menu list next prev

ofxGpuLut

ofxGpuLut
https://github.com/yasuhirohoshino/ofxGpuLut

GLSLでLookup Textureを参照し、シンプルかつ高速にLUTフィルターを適用するAddonです。
Lookup Textureを用いたカラーコレクションは、スマートフォンのカメラアプリやUnity、Unreal Engineなどのゲームエンジンでも使用されるテクニックです。
アプリの側で明度・彩度・色相など色の調整などをいちいち行うことなく、Photoshopなどの画像編集ソフトでLookup Textureの色を編集し、それをアプリで読み込んで、フィルターをかけるというものです。

画像編集ソフトでは、以下の画像を読み込みます。

lookup

これを、参考写真などと一緒に色調整していくことで、独自のフィルターを作ることができます。

スクリーンショット 2015-09-08 4.25.18

Photoshopのカラーコレクションのチュートリアルや、アクションは非常に多く公開されていますので、それらを参照するだけでも、oFでリッチなカラーコレクションを実現できます。

なお、画像編集ソフトから書き出す時は、必ずオリジナルの解像度(この場合は512 x 512 px)を保たなくてはなりません。
圧縮することでピクセルの情報が劣化してしまうので、非圧縮で書き出す必要もあります。
このフィルターでできるのは色の調整だけであり、例えばヴィネットをかけて、周辺をぼかしたり暗くしたりなどすると、フィルターを適用した時に、編集時の色と違った、おかしな色合いになってしまいます。

oFには元々、LUTを扱うサンプルがあったのですが(graphics/lutFilterExample)、CPUで演算を行っているため、1080pなど高画質の動画に使用するのは厳しいという状況でした。
このアドオンでは、フィルターの適用をGPUで行うことで、比較的マシンに負荷をかけずにLUTフィルターを適用できます。

Pocket

4 / 10